ちょっと反省事項…

羽生君のファンになってから
羽生君コレクションが止まらないのです。

だいたい、無料配布に
羽生君のお写真が載っていたりするものは
かならず手に入れたいのですが、
当然、東京だけとか
イベント会場だけとか
いうのも多々。
そうなると、
SNSでつながっている方に
お願いして
郵送してもらったりすることも。

私も送る方も送られる方も
両方経験したのだけど
送ってくださる方
ほとんど
とにかく丁寧に梱包してくれてて
びっくりしたのです。

普通の新聞なのに
折れないように厚紙を中にいれて
さらに万が一水濡れしないように
ビニールに入れてから
封をして送ってくれていました。

本当にびっくりです。
新聞は劣化しやすいです
けれど、もらえる以上
そんなクオリティに文句なんてつける立場でも
ないはず。
ここまでしてくれるなんて…

ということは
私も気をつけねば!となりますよね。
こういうの、本当におおざっぱで
無頓着。
逆にそうされてもあまり気にならない性格なので
気が回らないのです。
本当にちょっと反省してます。
これからは、梱包には十分気を付けて
郵送したいな、と。

ちょっとしたことで
学んだり、気が付いたりすることあるね。

お菓子作りレシピの砂糖の量はすごい

こないだ、バレンタインだったので
よし、久々にクッキーでも焼いてみようかな?
と思い立ち
無塩マーガリンを買ってきたのです。
ええ、無塩バターは高くて
手が出ませんでした。
これ買っちゃうなら
美味しいお菓子結構買えるし…って思ってしまって。

まあ、そんなケチな気持ちで
美味しいお菓子が作れるのか?自分?
と自問自答もありながらも
久しぶりのマーガリンこねこねに
ややテンションあがってきていました。

マーガリンに砂糖をいれて
白っぽくなるまで混ぜる、ここがキモなのですね。
で、その時の量。
80グラム…
ざっくりとだけど
大匙にして7杯くらい?

す、すごい量よ…

これ全部入れるの?
と思わずためらい
そんな甘くなくていいか、と思い
その半分しか入れませんでした。

結果

とっても甘さのほんのりの
クッキーの完成。
ココア味に至っては
ココアの苦味が前面に押し出され
子どもは口に入れた瞬間
「いらない」と横を向かれてしまいました。

久しぶりにわくわくしながら作ったのに…
お砂糖はやはりレシピ通りにいれないとだめね
いや、お菓子作りはレシピ通りの分量を入れる
これ、基本ね。

むしゃくしゃしたときの買い物は100均へ

旦那とけんか。
まあ、いつものこと。
息子の教育のことについてだね。
そこから、私がいかにダメ人間かっていう
話でたたきのめされて
私がすべて悪いですっていう結論で終わる
犬どころか、おばけも食わないケンカ。
くだらない、終わりない、意味ない。

そうなると
どうしても買い物でもして
気持ちすっきりしたくて。
かといって、
専業主婦の私にとって
お洋服でも、お化粧品でも衝動買いしてやれーっと
いうお金の余裕はない。
こういうとき
私は生活雑貨のお店や
100均に行くことにしてる。
100均なら
カゴいっぱい買っても
せいぜい2000円から3000円。
生活雑貨は
あってもいづれ使う。
悲しい主婦の性よのう…。

それでも
買い物はやっぱりたのしい。
いままでがまんしていた
片手鍋。
ふたはとうの昔に壊れているけど
本体はまだいけると思って使っていた。
取っ手の木の部分は亀裂が入って
いつ壊れてもおかしくないもの。
よし、マーブルコートのいい方買ってしまおう。

スライサーも
何年も使ってると切れ味が悪くなって
汚くなってたけど
まあ、切れるしなあって思ってた。
これも新調してしまえ!

家に帰るや否や
すぐに新しいものと交換して
古いものはゴミ袋へ。
ああ、ちょっとだけ
ちょっとだけすっきりした。
明日からがんばろう。

季節ものを教えるのは一苦労

もしかしたら、息子を小学校受験させるかも。
本当はあまりしたくないけれど
どうも、公立のレベルがものすごく
低いそうで。
せっかく幼稚園でがんばってきたことが
無駄になるのでは?
という危機感が。

6年間も通うとなると
莫大なお金もかかるし、本当は嫌なんだけど。
そんなこと言ってる割には
幼稚園の課外授業の知育教室に
いれてたりするのですよ。

その知育教室の内容
初めは簡単だったんだけど
最近では少し難しくなってきてて
私でも、うーんというような
問題も。
例えば、
「冬のお野菜は?」
当てはまるものすべてに○をつけるというもの。
今や、どんな野菜でも年中
スーパーに行けば手に入るのに
季節感を野菜で感じてなんて
大人でも難しいことよ。
その問題の絵の中に
レンコンとカブがあったのです。
あ、レンコンって冬の野菜なんだね…
思わずメモしそうになったよ。
これから、息子のほうが
高度な知識ついていくのかなあ。
追い越されるのはいいけれど
馬鹿にされるのは嫌だ!
先回りして勉強しておかねば。