わきの黒ずみ

どんなに気をつけても脇についてだけは、黒ずみが目を引いてしまいます。そんな状況を通じて把握できると思いますが、脇の下の皮膚は非常に抵抗力もなく、外気にあたることも殆どないので丈夫にするチャンスもないのです。
脱毛の施術を受けた後、過去に通っていたサロンだと痒みが出たり、ちょっと腫れてしまったりして選択を間違ったと感じたのですが、思い切って通い始めたミュゼではそういう不快なことは思い出しもしないくらいに何もなかったので、この先も不安な気持ちを抱えることなく利用できそうです。
危険が伴う自己処理とは異なり、高水準のプロの行う処置で仕上げた結果の歴然たる相違を実際に体験できるわき脱毛のコースを、まずは試しにやって みるのもいいかと思います。
ワキ脱毛をしてしまうとわきがを発症してしまったらどうしよう…とか脇からの汗がとめられなくなるのは困る…とか様々な葛藤ができてしまうのも事実なんですよね。
あまりお金がない学生時代は高価なプロの脱毛には手が届かないということは承知の上で言いますが、カミソリや毛抜きによる自己処理については何としてでもするべきではありません。綺麗なつるつるの脇を甦らせるのはすごく難しいのです。

ミュゼ堺

赤毛のバッテン印

ラクダを見ると、他人とは思えない。
自分の顔と似てるので。

テレビの語学番組で、
きれいな女性がそう言い出したので、
びっくりしたことがあります。
…似てるか?!

…似てないことも…あるかなあ、でした。

あんまりびっくりして、何の語学だったか、
記憶にありません。

私は、認めたくないのですが、

…名前書きたくないなあ…

赤毛のバッテン印の侍を見てると、他人とは思えない。
自分と似てるので。

何事もなければ「ぽけらん」としてる自分であって、
べつに、キャラを作っているわけではない。

まあ、何事もなければ「ぽけらん」としてるのが、
普通ですよねえ…

とくに何もないのにスイッチ入ってたら、おかしいです。

それが何かあると、考えに考えてから、
あるいは必要があれば、その場で突然、
そういった自分になる。

私はイラストレーターとライター、つまり絵も文もやるのですが、
どちらも人を傷つける威力が大きいものなので、

それを扱うときの自分は慎重になるあまり、
自分で判るほどすさまじい、厳しい顔になってることがあります。

のんびりゆっくり

今日は朝から快晴でいいお天気で、
空気もからりとして、気持ちがいい日です。
数日前のじっとり雨模様がうそみたい。

これはいいや、お散歩に行ってしまおうかしら、
そうして自宅でやらないといけないパソコン仕事から
現実逃避してしまおうかしら、とか何とか、
思ったのですが…

換気して新しい空気を部屋に入れようと、
あっちとこっちの窓をあけたら…

寒っ!!

天気だけはやたらいいのですが、すんごく寒い。
せっかくの快晴だから、
そんなの気にしないで出かけようの気温では…ない。

どこかの地域で大雪ふったそうですから、
そのなごりというか何というかが、
こっちにも来てるのかもしれません。

せっかくの天気なのにー、
今ならちょっと時間が取れるのにーとは思うのですが。

この気温の低さで、一気に気がうせてしまいました。

ここんとこ忙しくて、
一度も外出しなかった日は前回いつだったかしらなので、

今日くらいは、おうちであったかくして、
のんびりゆっくり、引きこもりしようかなと思うのです…。

ミュゼ 松本

あーでもねー、こーでもねー

もー目がだめだーとなってしまったので、
LPレコードからカセットテープにダビングした
ピアノ曲をガンガン聴いてるところです。
サウンドトラックなので、ギターガンガンもあり。

毎日のパソコン作業で目が厳しいのに、
昨夜、パソコンで古い映画のDVDを観たのが、
だいぶ効いたようです。

こういう時は、今聴きたいかどうかは置いといて、
アナログの音源の良質なのを聴きます。

やっぱりだいぶ目が楽になってきました。
たまにはやらないとだめですね。

なぜこうなるかのウンチクはあるのですが、
それはさておき、とにかく効く。
目の筋肉がだんだんほぐれてきます。

自覚がないだけで、全身そうなんじゃないかな。
硬くなってたなーの感じがします。

「見えないところをやらないと、人に勝てない」

そんなようなことを、私が唯一気に入っている
メジャーリーガーが言ってましたが、

私も毎日、自分の体調管理について、
あーでもねー、こーでもねーです。
そうやって見つけた手段の一つです。

春だ!薄着だ!ダイエット!

ここ最近暖かい陽気が続いてもう春がやってきますね。冬眠で?冬の間に蓄えたこの脂肪。
本当にどうにかしないとマズイ状態です。厚着で隠せるのをいいことに、すっかり緩んだ体系、暖かくなってちょっと上着を脱いだ時に愕然としました。キャー。
友達はちょっと前からスープダイエットなるものを始めていて、もう4キロも減ったんだそうな。そういえば、ジーンズの後姿で太ももあたりがずいぶんスッキリしてたわ。うらやましい・・・って人のことをうらやましがってどうする。まずいんでないの?私。6月には会社で健康診断があるので、そこまでにはせめて3キロは減らさないとなぁ。
昨年の健康診断時の体重より4キロは増えてます。40代になってから本当に痩せにくくなりました。食べなくても減らないくせに、ちょっと油断するとあっという間に増えてしまうという、なんとも悲しい体質になってしまってます。友達とランチする回数を減らして本格的に歩き始めなくちゃ。明日から、まずは30分でも近所を歩くことから初めてみようかな。がんばるぞ。

晴れだって言ってたのに!

今年の二月はたいへんでした。
雪に慣れてる私はたいへんじゃないけど、
雪に慣れてない地域の人が、皆たいへん。

そういう地域には、除雪道具が充分ないので、
雪が自然にとけるのを待つしかないのだそうです。

それをぼーっと見てるだけ、
なんにもできないので、心で応援の二月でした。

そのあと、もう一回雪が降るぞという話があって、
皆、戦々恐々。

でも、たいしたことはありませんでした。

三月に入っても、ちょっぴり雪が道路に残ってる。
地域の人にはきっとびっくりでしょう。

でも、当分晴れますよの天気予報。
あー、これでももう安心です。

ところが。

昨日の夜、エレベーターで一緒になった二人の女性が、
「明日、雨の予報なのよー。雪かもしれないのよー」

なんだってえ?!

あまりにびっくりしたので、つい…話に参加してしまいました。

もう当分晴れるんだ、何も考えなくていいんだ。
そう思ってた私が、あんまり顔色を変えたので、
きのどくそーに見られてしまいました。

で、今日。
雨、降ってます…。

これは違うだろう。

なぜかわかりませんが、
ついさっき、ぽかっと思い出しました。

お前が楽しんでどうする。
楽しまなければならないのは、お客だ。

お前が描きたいマンガを持ってきてどうする。
お客が読みたいマンガを描け。
本の代金を払っているのは、お客なんだから。

高校で入らされたマンガサークルの先輩に
言われた言葉だと思うのですが、
これはさすがに違うだろーと思うのです。

なにかの記憶を、先輩の言葉と混同して、
ごちゃごちゃに記憶してるだけじゃないかなー。

ていうか、この記憶が先輩の言葉だったら、
すごすぎます。30年前の高校三年生ですよ。

当時は先輩はそういうものと思って聞いてたのですが、
最近、気がつきました。いろんな意味で、不自然ですよね…。

高校三年生の先輩を、
30年前と言ってる自分もちょっとイヤですね。
事実なので仕方ないですが。すごいな。30年だってよ。

お前が絵を描きたいかどうかの問題じゃない。
お客が待ってるんだ。

…絶対、違うと思う。
なにかの記憶と混同してるんだ…

と思うのですが。

ひとまずホッ

ヤフオクで昨晩商品を落札したのですが、通常出品者から落札直後連絡が入っていました。
しかし、今回は待てど暮らせど連絡がありません。
出品者は評価も悪いが全くなく、取引も4ケタに届こうとしている方ですから、信用できると思って落札したものの、だんだん不安になってきました。

こちらからご連絡をした方が良かろうと、少々考えたものの、自己紹介を兼ねて落札させていただいた旨、連絡をしてみました。
ところが、今朝ほどメールチェックをしてみましたら、相変わらずなんの連絡も入っていません。
未使用品と記載されていたので、もしや他のサイトや店舗でも販売しており、売り切れてしまったというオチがあるのではないかと思い始めました。
ですが、評価欄を見てもそのようなものはありませんし、ストアでもなさそうです。

イヤ、まだ1日も経っていないし、ストアでもないのだから、気がついていないのかもしれないと思い直して、別の作業をしていました。
すると、さきほど連絡の遅れを詫びる連絡が入っていました。
まずは一安心です。