統合失調症が原因と推測される事件

8月に福岡県須衛町で起きた、母親によって4人の子供が殺された事件についての記事でした。親が自分の子供を殺すなんてありえない、ひどい時代になった、と片付けるのは簡単です。

しかしこの記事をとおして、なぜこのような事件が起きたのか、その理由をある程度推測することが可能です。事件前の母親の行動、そして特に「家に盗聴器が仕掛けれられている」と警察に電話していることから、彼女は統合失調症を患っていたのではないかと思われます。

統合失調症とは、幻覚や幻聴の伴う精神障害の一つです。近所の人が自分の悪口を言っている、誰かに見張られている、など本当は起きていないことが実際に起きているかのように感じて行動する病気です。

統合失調症にかかると、実際に頭の中で誰かの声が聞こえるようになります。盗聴器がしかけられていると思い込み、警察に電話することもよくある事例です。また自分が病気ではないかと疑うことはまずありません。母親の病気によって、子どもたちの命が奪われたとすれば、本当に胸が痛くなります。

しかし統合失調症になるまで相当苦しんでいた母親を誰も助けることができなかったのか、また病気になった母親の異変に他の家族や友人が気づけなかったのか、と尋ねたくなります。本当に心が痛くなる事件です。

記事元:Yahoo!ニュース
逮捕の母親、ネット検索で思い込みか 福岡4兄妹遺体
9月11日(日)2時7分配信

SMAPファンなら、SMAPの意思を尊重しているはずです

解散報道で揺れに揺れているSMAPの木村拓哉さんがパーソナリティーを務めるTOKYOFMの「木村拓哉のWhat’supSMAP!」でSMAPの解散について、ファンに「本当に、ごめん・・・。」と謝罪されたそうですね。

木村さんはSMAPの解散は反対の立場だったとのことなので、無念の気持ちがあることを表明されていました。無念の気持ちは木村さんが抱えているものなので、自由だと思うのですが、ファンの人達はSMAPに謝って欲しいとは思っていないような気がしました。

私はSMAPのファンではありませんが、個々としては、中居くんや香取慎吾くんのことを好ましいと思っています。でも、もし、SMAPファンだったとしたら、SMAPには謝らなくていいですよという気持ちだと思います。

なぜなら、SMAPはファンをないがしろにしたくて解散するわけではないからです。今までよくしてくださったマネージャーさんが辞めさせられたことでいろいろとSMAPの活動や人間関係に不都合が生じたのだと思います。

いろいろな不満やは不都合を抱えながら、無理して心を辛くしてSMAPを続けるなんて、SMAPのメンバーがかわいそうだと思うのが本当のファンなのではないかと思います。今後、SMAPのメンバーが個々に活躍していくことを願うばかりです。

記事元:Yahoo!ニュース
木村拓哉「本当に、ごめん…」 ラジオでお詫び、無念さにじませる
8月19日(金)23時0分配信

稔の解説が面白すぎて笑う。

スケヲタ界で
稔といえば
佐野稔さん。
今はテレビで解説やコメンテーターを
していらっしゃいます。
メガネかけた50歳くらいの方なのですが
私たちの間では
彼の解説は
「居酒屋解説」と命名されています。

なぜなら
解説者とは思えない
発言が多く、
ほぼ感想と感嘆しかないのです。
一番ひどかったのは
(といってももっとひどい解説が
あったかもしれないけれど)
2014年の
グランプリファイナル
羽生選手のフリーの演技。
中国杯でのケガの後
NHK杯では満身創痍で自分の演技ができず
何とかぎりぎりファイナル出場。

4回転サルコウ決めた時も
ジャンプの種類も言わず
「よんかいてーーーん」
は?
その次2本目の
4回転トウループが決まった時は
「なんという男でしょう、すごい」
そしてこの後、
「すごいですねえー」がほとんど。
それ解説じゃないよ
居酒屋でスケート見てるおっさんが
しゃべってるレベル
など散々な意見。
そういわれても仕方ない
ただのうるさいおっさんになってしまってる
稔さん、
羽生さんの解説はもう織田君に
してほしいですね…

挨拶しないママ友さんの子どもに…

息子が額と耳を赤くはらして
帰ってきた。
今回は先生からの説明もなく
私も時間がたってから気づいたんだけど。

「誰かに何かされたの?」と聞くと
「○○君が水筒ふりまわしてて
それが耳にあたった」
ちゃんと謝ってくれた?
「うん、先生にお耳冷やしてもらった」

そう…

その○○君のお母さん…
同じクラスで
朝の送りでもあったことあるのに
私が何度も挨拶してるのに
スルーするお母さんで
ずっと気に食わないなあと
思っていたら…
文句言ってやろうか?
ってちょっと思ってしまった。
って思った後
もうそんな失礼な人にかかわりたくない
出来るだけそういう人がいるってこと
そういうことされて気分激悪になった事
そんなくだらない時間を
一分一秒でも増やしたくないって思ったら
もういいや
って。

こういうのって
嫌な人ほど絡みがあるっていうよね。
嫌いない人ほど
気づいたらそばにいてたりするっていう…

もう忘れよう。
ケガは一日で赤みも引いたし。
子どものこと。
お互い様だし
今度自分がいつ加害者になるやもしれぬ。
温かい広い気持ちで
いないとやってられんからね。

なわとび危険

息子が
運動会の景品でなわとびをもらってきました。

懐かしいなあ。
なわとび
子どもの頃よくやった。
運動はそんなに得意ではなかったけれど
なわとびはできた子だったのよ私。
なわとびの表があって
できたらハンコがもらえるの。
前跳び30回とか何とかが
20級で
どんどん難易度があがっていくと
級もすすんでいくの。
1級はたしか三重跳びだったような。
そこはクリアーできなかったけれど
後ろ二十あや跳び20回はクリアしてたと思う(笑)

そうだ、今でもできるはずだ!

本当は息子がしやすい長さに
調節してあげないといけないのに
自分の身長に合わせて
いざ、前跳び開始!
10回もしたら
息切れ…
話にならないよ…

ちょっと感覚が戻ってきたところで
二十跳び。
お、おはずかしいが
漏れるんですよ…
産後はゆるむっていうけれど。
トイレにいってから始めればよかったと
後悔。

縄跳びする前に
骨盤底筋鍛えないといけないわ。
でも二十跳び今ならどれだけ飛べるかなあ。

私の自慢

ケーブルテレビの有料チャンネルには
スケート番組がたくさんあって
ヲタさんはまずそこから
お金使っていくっていうのが
最初の登竜門のようで。

その
有料番組の一つで
とてもいい番組
「KENJIの部屋」
日本を代表する振付師
宮本賢二さんが
スケーターを招いて
フリートークするという番組なのですが
まあみなさん、
気心しれた「ミヤケン」さんには
ざっくばらんに
普段では聞けない裏話などなど満載の
いい番組なのですよ。

去年放送していた
鈴木明子さんの回が
放送あったので録画して一気観。
その中で
「周りに素晴らしい人がいること、それが
私の自慢です」
とあっこちゃん。
賢二先生も感動していた。
こういう気持ちって
本当に大事だけど
なかなか口に出して言えないし
ヘタしたら気づかないし
でも一番大事なことで。
そう思えたら
毎日がとても前向きに楽しく生きれるように
思えたのですよ。

あっこちゃん
心優しい方だとは思っていたけれど
この言葉はただただすごいなって
その後いろんなことを考えさせられました。
これからこの言葉を胸に秘めて
生活したいと思います。

京都観光シーズン到来

こないだ
お休みを利用して
京都へ遊びに行ってきました。
夏終わってまだ
間のない
残暑の残る気温だったんだけど
京都ってやっぱり
観光都市なんだよね。
国際色豊か。
バスにのって神社へ行ったんだけど
そのバスも当然のように
外国人がたくさん乗ってるのですよ。

さらに駅で道まで聞かれるし(笑)
「錦市場はどこですか」って
聞かれて
あれだけ英語を学校で勉強しているにも
かかわらず
何もでてこなかったので
WEITといってから
駅員さんに聞いて
〇番出口でて右ね
という言葉のとおり…でもないけど
「ナンバーシックスティーン」と伝えると
その
(おそらくフランス人)カップルは
サンキューといって
その番号の出口へ消えていきました。
ふう…
緊張するわ…
というわけで
京都に行く前には
道案内を聞かれて
どうこたえるかという
練習はしていく必要がありそうだね。

でもこれからもっと人が増えるんだろうな。
観光客が集まると
近隣の一般人が遊びに行けなくなるという
逆転現象が。
やっぱり京都の紅葉は見たいものね。
今年はいけるかなあ。

言い方にカチンときた話

こないだ
年少で仲良かったママさんと
ランチいこうって話になって
そのときいた3人で
日にちだいたい決めてから
もう一人のママさんにグループラインを
送信したのだけど…

二日たっても
既読にならないので
これは何かあったのかな?
と思い
また、その予定の日も迫ってるので
早く返事ほしいなあと思い
参観日に
「ライン送ったの読んでくれた?」
ってきいたら
「母が入院したんでそれどころじゃない」と


それどころじゃない…

それどころじゃないんだろうけれど

でいつからそんなばたばたなの?ってきいたら
2、3週間まえかなあ…って

…確かにばたつくだろうけれど

そんないい方なくない?
ってだんだん腹立ってきて
その日はずっともやもやしていました。

連絡を送っている側としては
心配してるんだけど
やっぱり読んでないってう
相手の落ち度はあるわけでしょ?
しかも身内でもないのに
その言い方はないでしょ…

たぶんうちの母親に同じように
言ったらぶちぎれて
電話で話してたものなら切れられるね…

まあそれだけ
お誘いがどうでもいいってことだわ。
と納得し、
残りの3人でランチの日にちを決めました。
言い方って大事だよ。
やっぱり…

まだお金をとりますか?

いつも微妙に納得していないこと
それは
幼稚園に8月分の
保育料を納めないといけないこと。

夏休みなのにですよ。

向こうの言い分は
「1年間の分を
12等分にしているだけなので」
ほ、ほほー。うまいこといいますね。
周りの幼稚園よりかなり高い設定なのに。

で、
こないだ息子の連絡袋に
目を疑うメモが。
「じゆうがちょうがなくなりましたので
225円お願いします」

…え?

息子に聞いても仕方ない。
幼稚園では
園の活動に必要なものは
すべて園が用意するので必要ないという
話だったじゃないか
だから高い保育料泣く泣く払ってるのに。

で、ママ友さんに聞いたら
「そうだよ、2冊までは保育料から。3冊目から
実費だよ」
…はあそういうことか。

ものすごく物言いたいんだけれど
たかが255円のことで
ぎゃーぎゃー波風たてるのも
どうかな、と。
変な母親ってみられることが嫌だし。
これは今度の個人懇談の
質問要望の用紙にびっしり書いて
文字てこのもやもやをぶつけてやる!
そう心に誓いました。

実は抵抗がある、露店の食べ物を食べる事

この夏
まあたくさん夏祭りに息子と出かけましたね。
私の子どもの頃
こんなにもあったかなあ。
そんなに連れて行ってもらってないって
いうのもあるし
夜店は
不良のたまり場っていう…
田舎だったから
祭りの露店が出るところくらいにしか
夜集まるところがなかっただけなんだろうけれど(笑)

で、たいてい屋台が出ていて
焼きそばやらたこせんやら
からあげやらいろいろ
食べ物やもたくさんあって
夜ご飯もそれで済ませてしまうという
コースになってしまうのが通常。

栄養バランスいけてないなあと
思うけれど、まあその時だけと
思って目をつぶるのね。
ただ
こないだ
カレーライスと
冷麺をテイクアウトしたのだけど
どこにも机といすがなくて
花壇のところに腰かけて食べることに。
まだ身長の低い息子は
その場所に腰かけて食べるのが難しかったので
その花壇を机にして食べることになってしまった。
正直、あまり恰好のいいものでない。
周りもそうしてるし
浮いてるわけではないけれど
自分としてはあまり気持ちのいいものでは
ないな、と思ってしまった。
これから
器で食べにくいものはあまり
外では食べないようにしようとその時思いました。