まだお金をとりますか?

いつも微妙に納得していないこと
それは
幼稚園に8月分の
保育料を納めないといけないこと。

夏休みなのにですよ。

向こうの言い分は
「1年間の分を
12等分にしているだけなので」
ほ、ほほー。うまいこといいますね。
周りの幼稚園よりかなり高い設定なのに。

で、
こないだ息子の連絡袋に
目を疑うメモが。
「じゆうがちょうがなくなりましたので
225円お願いします」

…え?

息子に聞いても仕方ない。
幼稚園では
園の活動に必要なものは
すべて園が用意するので必要ないという
話だったじゃないか
だから高い保育料泣く泣く払ってるのに。

で、ママ友さんに聞いたら
「そうだよ、2冊までは保育料から。3冊目から
実費だよ」
…はあそういうことか。

ものすごく物言いたいんだけれど
たかが255円のことで
ぎゃーぎゃー波風たてるのも
どうかな、と。
変な母親ってみられることが嫌だし。
これは今度の個人懇談の
質問要望の用紙にびっしり書いて
文字てこのもやもやをぶつけてやる!
そう心に誓いました。

実は抵抗がある、露店の食べ物を食べる事

この夏
まあたくさん夏祭りに息子と出かけましたね。
私の子どもの頃
こんなにもあったかなあ。
そんなに連れて行ってもらってないって
いうのもあるし
夜店は
不良のたまり場っていう…
田舎だったから
祭りの露店が出るところくらいにしか
夜集まるところがなかっただけなんだろうけれど(笑)

で、たいてい屋台が出ていて
焼きそばやらたこせんやら
からあげやらいろいろ
食べ物やもたくさんあって
夜ご飯もそれで済ませてしまうという
コースになってしまうのが通常。

栄養バランスいけてないなあと
思うけれど、まあその時だけと
思って目をつぶるのね。
ただ
こないだ
カレーライスと
冷麺をテイクアウトしたのだけど
どこにも机といすがなくて
花壇のところに腰かけて食べることに。
まだ身長の低い息子は
その場所に腰かけて食べるのが難しかったので
その花壇を机にして食べることになってしまった。
正直、あまり恰好のいいものでない。
周りもそうしてるし
浮いてるわけではないけれど
自分としてはあまり気持ちのいいものでは
ないな、と思ってしまった。
これから
器で食べにくいものはあまり
外では食べないようにしようとその時思いました。

雨女がいる

今とても仲良くしてもらっている
アラフォーママ友さん3人

4件の家持ち回りで
月に1~2回の金曜日に
食材やらを持ち寄って
夜会と称した集会をしているのですが

その一人のママさんの家に集まるときは
なぜか必ず
雨が降る。

4回に一度なので
そんなに頻繁ではないのに
この確率ったら…

私もたいがいの雨女。
お勤め時代
だいたい午後3時から4時の間に
ほんの10分ほど近所の
郵便局にお遣いなのですが
その時だけ雨が降るという(笑)
なので、
書類と一緒に必ず晴雨兼用の傘は
必携でしたね。
一歩外に出るとぱらぱらと
降ってくる。
道のり、半切れになりながらよく歩いてたなあ。

で、そもそも誰かが雨女だという話になったのだが
全員手をあげるという
全く収拾のつかない結果となってしまいました。

雨は嫌なんだけど
外出する予定のないときは
ちょっと落ち着くんだよな…
きっと雨女は私だって…
でも新婚旅行中は一度も降らなかった。
さて、誰が「持ってる」んでしょうね。

洗濯していいの?

チャリティーオークションの一つに
羽生君が着用したユニホークが
オークションに出されているんだけど
ツール・ド・東北っていう
イベント向けの
自転車のユニホームね。
当然、いったん着用して
サイン入り。
どんどん値上がりしてて
80万円くらいになったのかな?

商品の説明に追加がはいったのか
誰かが問い合わせしたのか
「洗濯済です」
……
あ、そうなんですね…

って

洗濯してないほうが
値段つくのでないの?
という
ものすごい余計なお世話でないけど
モノ申したくなりました。

ジャニヲタの友達が
握手会の時に
いかにしてその手の感触と汗を残すか
を熱く語ってくれました。
リストバンドをしていいって
それを握って握手して
そのリストバンドはジップロックにいれて
保管だそうな…
それしても結局は
手の感触を脳で記憶するしかないんでは…

思い出を写真にと思って
懸命にカメラ向けていて
肉眼で見れず
なんだかもったいない気がするあの
感覚に似てるような…
話がそれたけど
このユニホームに関していうと
使用済、洗濯未ってかいて
どんどん値上がりするのを期待したかったかも(笑)

感動する気持ちさびてるのか?

最近、自分の感動のスイッチが
昔と比べて鈍くなっている?と
思ったりすることがあって。
それは
何でも知りたい情報が手に入る
世の中になってしまったから
知りたいことを調べようとして
行動すること
その行動によって得られる情報に対する喜び
それががくーんと減ってしまったことなのか?
とふと思ったり。

アイスショーを見に行っても
「めちゃくちゃ感動した」
「泣けてきた」と
もちろん、そういう気持ちはその時感じるんだけど
やっぱり持続性がないというか…
後を引くほどの感動する事って
日常生活において
減ったのか
私が鈍感になったのか?

いい意味で図太くなったし
悪い意味で老けた。

だから、
自分の感性は常に敏感に反応するように
新しいことにチャレンジしたり
みたことないものや
いったことのない場所へいって
いいストレスを感じるべきなのか?と
思ったり。

同じ場所にいって
「やっぱりここがいいね」もいいんだけど
それはもっともっと年を重ねてから
行きつく先なのかもしれない…と。

足の動く限り
身体が悲鳴をあげない限り
自分の好きなことを
限られた時間の中で
挑戦する気持ちはいつまでも持ち続けたいなあと
思ってる。

トーマスのシャンプーはいい

息子はとても皮膚が弱いので
体に塗るもの
肌着には
このいいかげんな私でも
気を遣うほど。
おそらくちょっとだけアトピー持ってるようで
季節の変わり目や、汗をたくさんかいて
放置していると
すぐにぼりぼりかくのです。
そしてそれも血が出るまでかくので厄介。

ボディソープも結構長い間
乳児用の全身用のやーさしーーーのを使っていました。
でもさすがに幼稚園に上がるのに
新生児も使ってるような全身ソープは
どうなんだろうか?
と思い
何かいいシャンプーはないか?と思っていたら
SNSの投稿で
「トーマスのシャンプーは安全」というのを見かけて
とりあえず使ってみようということで
購入。

本当によかった。
何もトラブルなく
しかも匂いもきつくないし
優しく洗えるけれど
物足りない感じもない。
大正解です。
しかも
泡ポンプタイプなので
泡立てなくてもいいのです。
肌の弱い息子でも安心して使える
トーマスのシャンプーはお勧めします。
大人はさすがに物足りないですが…

海外遠征の話

あ、海外遠征…
別に私がスポーツしていて
遠征試合するっていうわけでなくて(笑)

スケートの試合の遠征です。
今季
四大陸選手権が
台北で行われます。
最近、国際試合をアジアで行うことも多いわ。

で、前回のワールドにて
男子シングルの出場枠が2人に減ってしまったので
世界選手権と四大陸選手権
ダブルで出場するってなると
優秀な選手のたくさんいる日本としては
出場を分散させたいのでは?という
考えもありそうだ、な、と。

本来なら
世界選手権の代表に選ばれた選手が
自動的に四大陸選手権の代表となるのだけど。

海外遠征を考えているスケヲタ友が
「台北のホテル、もう予約いれちゃったんだけど
羽生君がエントリーする可能性どうだろうか…」
うう、確かに微妙。

前回は
全日本選手権優勝のあと
腹部手術の為に
四大陸選手権は出場せずだったのよね。
すると
3か月以上試合が開いてしまうのです。
「試合勘がなくなっていた」という話もあるのと
四大陸選手権は優勝していないのです。
エントリーしてくるなら
私はぜひ初の海外遠征を
してみたいのですが…

北海道より近いしもしかしたら
安いかもしれない(笑)
というわけで
しばらく悩みます。

練習は裏切らないけれど

先日
佐藤信夫コーチの講演会に行ってきました。

佐藤信夫さんですが
浅田真央ちゃんや
小塚崇彦さんのコーチで
過去には安藤美姫ちゃんのコーチも務めた
御年72歳のスケート界の名伯楽であります。

その信夫先生の手を焼いている…
まあその事実はほんわか
スケヲタファンには
ちょいちょい伝わっては来ていたのですが
この講義で更にそのことが明らかに。

彼女のことについての質問の答え
「(真央ちゃんは)練習大好き人間」

ととにかく体が動かなくなるまで練習する。
「試合のことを考えて休みましょう」といっても
「練習して何が悪い?」と言われる始末。

1年間の休養を経て
現役復帰すると
信夫コーチに相談したときも
信夫さんは
「あなたが考えてるよりもはるかに過酷ですよ」と
話をしたけれど
テレビ報道で何度も流れたあの映像の通りの
答えをした真央ちゃん。
ああ真央ちゃんも阿修羅になりたいのね…

たしかに
練習は裏切らない
努力に勝る天才なし

なんだけど
努力をした人が
必ず栄光をつかめるとは限らない
それが
シビア
アスリートの世界。

アスリートのファンになって
ここが一番つらいところ。
しんどいとき
調子が上がらないときも
試合で結果が残せなくても
くやしさを胸に(選手と同じ気持ちで)
応援し続ける

ファンも強い気持ちを持って
行かねばならぬということ。
またコンペシーズンがはじまるなあ。
しんどい日々が待っています…

夏休みの過ごし方を今から考えて頭痛い。

夏休み
大嫌いなものが
やってきました。
長すぎる…
幼稚園クーラーが効いてるから
ずっといってくれたらいいのに。
夏のお野菜
たくさん園庭に植えてますよ、それ
みんなで観察して
お外でバーベキューとかどうですか?って
提案してどうする…

わが息子が通う幼稚園は
夏の預かり保育がべらぼうに高い。
3万くらいしたかなあ。
あ、お盆と最終週はなしでよ。
どんだけぼったくるの…

夏の遊びは好きなものが一つもなくて…
とにかく暑いので、屋外はいや。
ビニールプールするのはいいけど
屋外でいなければいけない
水に入れずただ見ているだけで
外にいる事のしんどさ。
かといって水には入りたくないけど。

支援センターももう
年中だと物足りないというか…
おうち遊びばかりもいやだし
屋外プールなんてもってのほか。
室内遊技場はお金かかるから
そう頻繁にはいってられない。

なので、ぼーっと遊ばせ難民。
きっとみんなそうなんだろうけど。
お友達同士で無料のセンターにいって
テキトーに遊ばせて
帰ってくるっていうパターンかなあ。
今から頭痛い。
この夏休みで
ぞうきんしぼりと
ひもを結ぶことが出来るようになってほしいなあ。
そして
蝉取りも頑張ってできるように
なってほしい。
あ、蝉取りなんて
私は行きません。
義父か旦那の役目ですよ、さすがにね。

アイスショー行ってきた

先日、地元開催のアイスショーへ。
3公演あるうち
どの公演に行くかすごく悩んで
楽日を選んだのですが。

私の中で
楽日というと
終わりだから時間を気にせず
スペシャルなことをしてくれるのでは?という
淡い期待もあったのです。

ところが、今日ご一緒することに
なったお友達が
「海外のスケーターさんは今日中に帰るから
あまり時間押せないんでないかな?」
なるほど、そういう理由もあるのか…

なのでさほど期待しないで
ショーに臨みました。
いつもフィナーレの最後のジャンプ大会は
やってくれるだろう…と。

ところが
それの裏の裏をかく事態が…

ショーが終わり一通りフィナーレの
周回が終わったその時
羽生君がマイクを持って
「今日はジャンプ飛びません」
…??足のけが?
私はまずそれを疑いました。ああ
疲れがたまってるんだ…と
「代わりに、福間さんとコラボでバラ1滑ります」
???事のすごさを飲み込めず(ほんの一瞬だが)
瞬間悲鳴に変わった。

ほどなく、
去年のSPの「ショパンバラード第一番」
のステップから。

その時の群舞の衣装が
黒いシャツでまあ
はだけるはだける…
最後のキャメルなんてお腹が…
腹筋確認できるほど…
最後フィニッシュと同時にまた悲鳴と歓声が。

ああ、いいショーだった…
夢のような時間をありがとう。
楽日には楽日なりのサプライズがあるのね。